静岡県茶市場が素敵な件。

お茶屋さんの仕事は、茶葉を売ることから始まるのではなく、茶葉を買うことから始まります。

買った茶葉を精製して、売り出すわけです。

当然、いちいち農場をまわって買いに行くことはしません。

県内の茶葉を一括で扱っている場所。そして県内だけでなく、県外産の茶葉も手に入る場所。

それが静岡県茶市場です。





この茶市場、実に楽しい所です。

茶業関係者が一同に集まり、良い茶葉を我先に手に入れようとしています。

熱気も凄いです。楽しい。.。゚+.(・∀・)゚+.゚





どんな間取りかというと。

大き目のテーブルがたくさんあるだけです。

テーブルごとに「富士地区」「清水地区」といった具合に地区分けがされていて、拝見盆にのせられた茶葉がたくさん置いてあります。


↑こんなカンジ。



お盆が黒いのは、茶葉を見やすいようにですね。

白でもいいじゃないか。と、思ったこともありましたが、実際にお湯を入れて茶葉をみるための審査茶碗が白色ですので、違いを演出しているのではないか・・・と、解釈してます。









では、どのように茶葉の値段を決めているか説明しましょう。

富士銘茶くぼた園 ホームページ&ブログ

富士銘茶くぼた園のホームページとブログ 富士山の麓で90年 地元に愛される地域密着型のお店です 静岡茶100%にこだわり 天竜、掛川、川根、森など静岡県の名産地の茶葉や 富士山のブランド茶など専門店ならではの品を扱ってます ブログやFacebookは主にお茶関連 Instagramは商品の写真を扱ってます

0コメント

  • 1000 / 1000