静岡新茶初取引2017

本日、静岡茶市場初取引でした。

毎年恒例となる 人 人 人 の波。

テレビ局もいらっしゃってます。

初取引のセレモニーは六時半から。朝早くからお疲れ様です。

初取引セレモニーは例年どおり進んだのですが、今年はひとつ大きな事件が!

ある富士山の茶葉に超高額の値がつけられました。

ナント¥1080000!!!

百八万ですよ108万円!

ご祝儀価格だとしても破格ですね。

静岡茶市場がはじまって以来の高額競り落としとなりました。

お茶に高い値段がつくというのは農家のみなさんのやる気も上昇するし、業界的に良いことですね。

とくに話題となった茶葉が富士山の茶葉というのが嬉しいです。

わたしがやっている富士山緑茶フジヤマウンテンも108万グラムの販売を目指してがんばりたいですね!






ちなみにこちらの写真は初取引の前日の写真。

人はそれなり。

若干まばらか。

お茶は微量。

本来であればこの黒テーブルに並べられないくらいあふれかえるんですよ・・・。


と、見てわかるとおり今年の新茶は遅れていますが、高値がつくとおり茶葉の質はわるくありません。

くぼた園の茶葉もどんどん新茶になっていきますので、お楽しみに!

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000