茶の放射能調査結果 6/14最新

2.3日前に二番茶の荒茶放射能情報がメディアに載りましたね。

こちらはまだ少しの産地しか情報がありませんが、セシウム含有量は数十Bq/kgと非常に少ない値でした。一番茶の刈取り後は想像以上に含有量が減るようです。セシウム量と一緒に茶葉の質もガックリと下がってしまうのが残念ですね。

二番茶情報は情報量が増えてから更新いたします。







先ほど、静岡県茶商工業協同組合よりFAXが届きました。

内容は暫定基準値を超えてしまった藁科地区の『工場単位のセシウム調査結果』です。

調査した茶葉は一番茶(新茶)の製茶後のものです。







提供日
2011/06/14

タイトル
茶の放射能調査結果(一番茶製茶、藁科地区)

担当
経済産業部農林業局茶業農産課





要旨

6月9日の民間自主検査結果の報告を受け、県が調査した静岡市藁科地区の茶工場の製茶から暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されましたことから、県は当該茶工場に茶の出荷自粛と自主回収を要請しました。
6月13日、念のため、静岡市藁科地区の10工場の一番茶(製茶)を調査した結果、下記のとおり2工場から暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されましたことから、県は当該2工場に茶の出荷自粛と自主回収を要請しました。





放射能調査結果(調査日:6月13日)

静岡市葵区藁科地区(数値はベクレル/kg)
・A工場・・・・・・393
・B工場・・・・・・161
・C工場・・・・・・499
・D工場・・・・・・380
・E工場・・・・・・614
・F工場・・・・・・328
・G工場・・・・・・340
・H工場・・・・・・428
・I工場・・・・・・602
・J工場・・・・・・459

※暫定規制値:製茶 500ベクレル/kg
※検査機関:厚生労働省横浜検疫所



放射性ヨウ素調査結果
・全ての地点で検出されませんでした。





今後の対応

6月14日に藁科地区の残りの10工場の一番茶の製茶を調査する。







という内容でした。

本日調べている筈の残りの10工場の数値も気になりますね。



皆さん、気になったかと思いますが、A工場~J工場という表記はFAXに記載されていたとおりです。

出荷自粛・自主回収はすでに行っているとの情報なので、これらの規定を超えてしまっていた工場と取引がある企業には連絡がいっているものと思われます。

思い返せば、足柄茶の暫定規制値超えのときも工場の名前までは出なかったように思えますね。国からの配慮なんでしょうかね。





新しい情報がまとまり次第、また更新します。







それでは次回の更新で。




たくさんの人にお茶を知ってもらいたいので、ブログランキングに登録しました。
よろしければクリックをお願いします。

銘茶くぼた園HP
お茶についての質問、くぼた園についてはこちらから。


くぼた園inショッピングモール
カード支払い、コンビニ払いなど
様々な決済方法で購入することができます。

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000