玉露の里、岡部巡り その2

ども。(。・ω・)ノ゙

お茶と放射能の動きがあまりありませんね。いいのか悪いのか・・・・・・。



茶業界的な発言と、ひとつの小売店からの発言をしますと、

・荒茶の放射能調査をするだしないだという話で県内騒然としてますが、「ある地域の荒茶を測定したところ基準値内に収まり、問題はなかったらしい」という情報が茶業仲間づてに入ってきました。まぁ、データを実際に見たわけではないので、噂話レベルですがね。あと、マスコミのネガティブ報道はそろそろ勘弁してください。

・風評被害(実際に県内調査で飲用茶の安全基準値内に収まっているので、風評被害という単語を使ってよいと思います)をうけて、お茶の買い控えをされる方がやはりいらっしゃいます。そのように心配される方々に対して、「安全宣言」を川勝知事が行いました。静岡のお茶に対して国が宣言をしてくれる筈はないので、実質、「県知事の安全宣言以上に安全を宣言・保証できる人物がいません。」うーん。これからどうやって安全をPRしていくのかなぁ。

まぁ、ちょっとした情報にアンテナを張ることが今の私にできることですかね。(´▽`)







はい。話は変わって。

玉露の里、岡部に行ってきましたよ。第二回です。

第一回はこちら。

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000