日本茶インストラクター勉強中~第二章~

相も変わらず、コツコツとお茶の勉強をしています。

日本茶インストラクター講座も第二章に入りました。

一章が茶の歴史だったのに対し、二章はチャの栽培だそうです。



ええ、「茶」ではなく「チャ」なんです。(・◇・)ゞ

学術的な用語はよく理解できてないのですが、農家にあるのは「チャの木」で、そこで生えているのは「チャの葉」だそうです。

そこから摘まれて、やっと「茶」になるということですね。ああ、わかりにくい。(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵









さて、前回の第一章「茶の歴史」では、テキストで当たり前のように使われている言葉が、私にとっての当たり前ではなかった。という状態のため、エライ苦労しました。



↓前回「日本茶インストラクター勉強中!」
http://blog.livedoor.jp/kubotaen/archives/51287227.html#more



今度の「チャの栽培」は農家向けのより詳しい専門知識!

しっかり丁寧に書かれていることでしょう!(*'ー'*)ワクワク

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000