お茶と童謡「ずいずいずっころばし」の関係。

ずいずいずっころばし ごま味噌ずい

茶壷に追われて 戸っぴんしゃん

抜けたらどんどこしょ

俵の鼠が米喰ってチュウ チュウ チュウ チュウ

おっとさんがよんでも おっかさんがよんでも

行きっこ無しよ 

井戸の周りでお茶碗かいたの だあれ





懐かしいですよね。日本人なら皆、歌えるんじゃないですか?

でも、残念なのは9割以上の人がこの歌詞の意味を知らない所です。

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000