ぼくらのクマ肉体験記

とタイトルに書きつつ、実際には「クマ」「シカ」「イノシシ」を食しました。

そう、われわれYWC、吉原若旦那クラブによるジビエバーベキューです!


きっかけは富士市役所 林政課に勤める友人Sくん。

「富士山にシカ、めっさいるんですよ。」

の一言から、すべては始まりました。


「俺、食べてみたい」

の一声がスタートラインとなり、猟友会とコンタクト。


とんとん拍子にシカ肉をゆずっていただくことができました。

しかも「これも持ってけ」とクマ肉・イノシシ肉まで追加でいただいちゃいました。


これは自分たちだけで食べるのは勿体ない!

吉原商店街の夜市「ナイトバザール」にあわせて販売じゃい!

というわけで一皿 300円

売り上げは富士市猟友会に寄付します(これ重要)

お肉を焼く人は真剣!

ウェルダンに焼き上げます。

猟友会の方からは「新鮮だから美味しいし安全だよ。」と言われましたが・・・だって心配なんだもん。

こちらはナイトバザールに様子

思い思いの店をポンと出して、楽し気な空間を作っています


こちらバザール終了後の吉原のおじさん達

残ったジビエ肉とお酒でぐだぐだ楽しみました。バーベキュー楽しいですよね。




全て終わってみると、おもしろい肉が手に入ったからみんなで食べようよ!という企画になった具合です。

ジビエバーベキューの売り上げは 5800円!

一皿300円なのに、なぜ300の倍数にならないのか不思議ですが、金かせぎが目的でやったわけじゃないので、まあいいでしょう。最終的には食べ放題みたくなってたし。

一緒にジビエ肉にかんするアンケートも行ったので、売り上げと一緒に猟友会にもっていきます。喜んでもらえると嬉しいですね。


また、やる機会があればもう少しおおきく宣伝して、

吉原でジビエ肉食べれるよ!

と伝えたいと思います。


そのときがきたらよろしくね!

1/2お茶屋サン -kubotaen web site-

富士の麓でお茶づくり 茶匠ががんばる個人店 くぼた園ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000